FC2ブログ

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

岡崎邦輔公と菩提寺

昨日の夕方、岡崎邦輔公の墓があるという、寺町通りの護念寺へ行ってまいりました。広大な敷地にたくさんのお墓があって結局見つけられなかったのですが、そのお墓の前に長坂家のいわれも少し書かれているということで、郷土の偉人のお参りがてら拝見したかったのですが、昨日のところは叶いませんでした。また近いうち場所をうかがってから参りたいと思います。護念寺には一般のお墓の他にたくさんの戦死者のお墓もありました❗️

スポンサーサイト



家系図を調べる

おはようございます。昨日県立文書館へ行って、伊達家(陸奥家)と長坂家の関わりを尋ねていただくことが何回かあるので、僭越ですが、初めて調べさせていただきました。目録に家の名称と文書名と年代が記入されているのですが、同じようなのがいくつもあって、家系書と親類書とか種類もあり、しっかり閲覧しないとやみくもにコピーはできないなと思いました。陸奥宗光公と、いとこの岡崎邦輔(長坂家から岡崎家へ養子に行った元代議士)、そして陸奥家(伊達家)と長坂家を繋ぐのが、家康公の家臣で槍の名人を祖先に持つ渥美家からどちらも奥様をいただいている縁があるのです。達筆の行書で書かれているので、僕には解読が極めて困難ですが、色々ページを見ながら想像を巡らせて見ました😅でも昔の繋がりしかわからず、子孫のことは当然ながらつながりを見いだせませんでした❗️

地元市道3年越しに補修いただく👍️

和歌山市の道路管理課に地元自治会として再三要望していた、高松第10区から第13区にかけて約40m区間の市道の路面の補修を先週末きれいにやっていただきました🙇❗️「児童注意」の路面表示もしていただきました👌小学校の大切な通学路であり、その路面が荒れていて大変転びやすくなっていました。この交差点は高松の大きな交差点の手前で、信号に間に合わせるためにスピードを出す車やバイクが多く、また山東、安原から来られる通勤中の車の量が多くなっています。交通事故に遭いやすい、危ない交差点です。そこを跨ぐ市道の補修をしていただいたわけです👍️改めて厚く感謝申し上げます🙆

犬の糞尿の問題❗️

友人の家の前には畑や空き地があります。特に朝夕ですが、犬をつれて散歩している人が、「糞を持ち帰ってください」の啓発看板を立てているのに、平気で民家の近くで犬に糞や尿をさせて、始末もせずに立ち去ります。糞に砂を上からまぶすだけの人もいます❗️匂いはするし、畑の作物は被害を受けるし、住民の皆さんはほんとうに困っているし、憤りをおさえられないくらいです😠市の関係課や保健所、警察に相談しても、条例に規制する罰則もなく、何の解決策も見出だせておりません❗️徹底的に厳しい看板を立てると共に、罰則規定のある実効性のある条例づくりが急がれます😤

ぶらくり丁の市街地再開発

去る7月29日夜、ぶらくり丁関係者の方の代理で「和歌山市ぶらくり丁地区市街地再開発発起人会」へ出席させていただきました。計22人の参加で、当日和歌山市との協議内容、まちづくりのスーパーコ―ディネ―タ―、東大名誉教授堀繁先生の「街づくりの基本」の説明、そしてディスカッションが行われました。市との協議では、老朽化しているア―ケ―ドを撤去するか否かのアンケートについての議論に終始していたこと、堀先生のお話は、まちづくりは道づくりであり、丁寧に、誘う形の工夫が必要なことをご指導いただきました。僕としては、ぶらくり丁は子供時代に親に手を引かれて行って、たくさんの買い物客にあふれ、傷痍軍人さんがアコ―ディオンをかなで、お茶の何ともいえないいい香りが漂う商店街として懐かしい街だし、近くには江戸の城下町の名残が感じられる地名が多いし、和歌山城から気軽に散歩できる動線がぶらくり丁周辺までできればいいのにな❗️といつも思います。ぜひかつての江戸町風情が感じられるぶらくり丁のまちづくりの実現のために、先ずぶらくり丁の組合の皆さんができるだけのコンセンサスを得て、我々賛同者がこぞって応援できるようにしていただけたらと切に願っています👍️

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ