FC2ブログ

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

進化したドローン

昨日県議会で㈱未来図の藤戸社長がドローンについて説明、実演してくださいました。ちなみにこのドローンは中国製で世界のシェアも大きいのにビックリしました。防災にインフラ点検に農業にますます需要は広がります❗

同級生懇親会

今晩小中高のそれぞれ同級生の皆さんに集っていただいて親しく楽しく懇親会を開催できましてほんとうにありがとうございました🙇これから乾坤一擲の戦いを迎える周平君も思いの丈を訴えてくれました。政治家は常在戦場、ともにふるさとのためがんばってまいりたいと思います。皆さん、今後ともよろしくご指導お願いいたします❗

チャリティー花寄茶会

今朝は和歌山文化協会茶道部主催のチャリティー花寄茶会に出席させていただきました。抹茶がおいしい季節になりました。秋の野草で生け花を経験させていただきました。日本人の感性にぴったりの秋の野草です。

国宝のあるお寺

私の友人の関係者が、国宝のある由緒あるお寺だということで東京から仏像に造詣の深い方をその寺にお連れしたところ、建物の至るところに蜘蛛の巣が張っていたそうです。国宝に指定されたからには、お寺の方で当然県外から来られた方にも恥ずかしくない環境を絶えず保っておく責務があると思うのですが、いかがでしょうか?お連れした方も自分の県の国宝がある寺がそんな状態ではさぞかし恥ずかしい思いをされたことと思います。暑い時期とはいえ、その寺がご自身の寺であってもやはり国宝寺として当たり前やるべきことはやっていただかないといけないと思わざるを得ません。

連続講座岩橋千塚第2回

午後から紀伊風土記の丘資料館で、「円筒形埴輪研究の視点」と「群集墳としての岩橋千塚」の両講演を聞かせていただきました。紀伊型の独特の円筒形埴輪の製法、そして多数の大型古墳(首長墓)と中間層の中小型古墳が同じ墓域に極めて多く共存しています。それも長期にわたって古墳が造られていて、かなり安定した政治秩序が保たれていたようです。古代のロマンが蘇りそうです❗

敬老大会

この地域の敬老大会は老若男女が相集って和気あいあいとほんとうに雰囲気がいいです。夫婦カラオケ、幼保小中の出し物、交通安全母の会等地域の皆さんなど高齢者の方々もほんとうに楽しそうです❗一緒に楽しいひとときを過ごさせていただきました。

関西インバウンドセミナーin和歌山

今日は「変化する外国人観光客のニ―ズを掴む」と題してセミナーに行ってまいりました。国際観光政策研究所理事長が、世界の人口約70億人のうち、32億人がハラ―ル等食のル―ルを持っているが、これからますますインバウンド観光客がその地域から来ることが期待されるので、食の取組を積極的に進めていくべきだと語っておられたのが印象的でした。

「イライラに振り回されない職場づくり」講演

今日は和歌山県人権啓発センター主催で アンガーマネジメントコンサルタントの浅見葉子先生の講演とお隣の方との実際の対話を実践しながらの勉強会に参加させていただきました。日頃忙しさにかまけてとかくイライラしがちな自分にとって、いい勉強になりました。しっかり聴き手になって相手のペースにも合わせながら話を聞くことも大事です。怒りの感情(アンガ―)と上手に付き合いたいものです❗

三者合同研修会

昨日和歌山保護司会と和歌山保護観察所、そして更生保護女性会三者で合同研修会が開催されました。「認知症の正しい理解」と題して介護福祉士の長森さんに明快に分かりやすくご講演いただきました。自分としても2日連続の認知症に関わる講演を聞くことができていい勉強になりました。その後懇親会、久々に保護司の皆様とざっくばらんにお話させていただいて、足をくじくくらい楽しく懇談させていただくことができました❗

世界アルツハイマーデ―記念講演会2017

今年4月に国際アルツハイマー病協会国際会議が京都で開催されましたが、昨日認知症の人と家族の会和歌山県支部主催で記念講演会がありました。「寄り添えば 心も通う 認知症」と題して、紀の川市の内科医坂口健太郎氏が「認知症でもええやん」講演を聞かせていただきました。「がんも認知症も自分が望んでなったものではなく、がんになったらあかん、認知症になったらあかんという意識を変えてほしい。認知症を良くするのも悪くするのも周りの対応や。」と坂口先生は言っておられました。その後、和歌山の南こうせつ、横山恭治With恭やんバンドの心にしみわたるライヴを楽しみました。今日はなぜか音がうるさいと当局から言われて、拍手も指を合わせたり、せっかくのボ―カルも抑えておられたのはいかにも気の毒でした❗

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ