fc2ブログ

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

プロフィール

FC2USER029838BFF

Author:FC2USER029838BFF
FC2ブログへようこそ
よろしくお付き合いください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

南癸史談会フィールドワ~クその2

 里宮山無量光寺は紀州10代藩主徳川治宝の命により徳本上人が開山した寺院です。高さ3mの首大仏があります。次に桐蔭高校の手前の車坂を訪れました。2説あり、一つは熊野詣で熊野御幸の輿車がよく通った道、もう一つは毒殺され地獄に落ちた小栗判官が餓鬼阿弥の姿で現世に戻され木車に乗せられ熊野に向かい、その湯で蘇生したという伝承で小栗判官が乗せた木車が通った道という説です。さらに三光寺と護念寺の境に大きな溝があります。紀州徳川家菩提寺長保寺への間道で岡山を通って2つのお寺の境に残った道だと言われているそうです。全く今まで存在に気づきもしませんでした。

スポンサーサイト



<< 南癸史談会フィールドワ~クその3 | ホーム | 南癸史談会フィ∼ルドワ~クその1 >>


コメント

首大仏、どの様な経緯でここにあるのかがソフトミステリーです。奈良の大仏の顔とではどちらが大きいでせうか(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム